HOME > 施工実績 > シンプル > 松山市 G様邸

松山市 G様邸

建物の東面に満足のいっていないご様子のお施主様

『なんだかのっぺりしてみえるのが。。。』

という点を外構でカバーできるようプランさせていただきました。

東面の建物と道路との間の距離は1m50から2mほど。通常だとその空間は宅内へ取り込むために道路沿いに

塀をつくっていきます。が、今回は外(道路)と共有する空間にし東面へ奥行きをつけるために使いました。

塀を建物と直角に3枚配置し、床には傾斜をつけてより広い面を見てもらえるように工夫。

道路を行き来する目線からは3枚の塀が空間を挟み連なり、東から見ると3枚の塀の小口がグレーの石柱の様。

みる角度によりその表情は変わっていきます。

道路を通る方に圧迫感がないよう2枚の塀は道路方向へ斜めカット。それもまたいい変化をもたらしています。

エントランスでは、玄関ポーチの階段も東面へ入り口を変更し、門柱からのスムーズな流れを

つくりました。また、玄関ポーチと同素材のタイルで玄関西側のはきだし窓の前まで引き伸ばし

広々としたタイルテラスとしました。

 


Page Top